知らないと損をする!!
グリーン住宅ポイント制度でお得にリフォーム

グリーンポイント制度でお得にリフォーム トップイメージ お役立ち・特集記事

知らないと損をする
グリーン住宅ポイント制度でお得にリフォーム

令和2年12月15日に閣議決定された内容によると、国土交通省ではグリーン社会の実現および地域における民需主導の好循環の実現等に資する住宅投資の喚起を促すため、令和2年12月15日から令和3年10月31日までの期間でグリーンポイントと呼ばれる制度を締結しています。

具体的には新型コロナウィルスで落ち込んだ景気を下支えする為に、一定の性能を有する住宅を新規で取得、または既存住宅にリフォームを施すことで様々な商品と交換できるポイントを発行する制度です。

どれくらいポイントがもらえるの?

1戸あたり上限30万ポイントとのことですが、
上限特例があり最大60万ポイントもらうことが出来るお得な制度です。

【上限特例】

  • 若者・子育て世帯・・既存住宅にリフォームを施す場合、最大で45万ポイント
  • 若者・子育て世帯・・既存住宅の購入してリフォームを施した場合、最大で60万ポイント
  • 若者・子育て世帯以外の世帯・・国土交通省の告示による「安心R住宅」制度に登録されている住宅を購入してリフォームを施した場合、最大で45万ポイント

どのようなリフォーム工事が対象となるの?

具体的には以下のような内容が対象となります。

  • 一定の基準を満たす既存住宅へのリフォーム
    • 窓・ドア・外壁・天井・屋根・床などに一定の基準以上の断熱材を使用した改修工事を行うこと
    • 太陽熱を利用した仕組みを導入する
    • 高断熱浴槽、高効率給湯器、節水型トイレ、節湯水栓などのようななどのエコ住宅設備を導入する
    • 耐震改修やホームエレベーター、手摺を設置するなどのバリアフリー住宅への改修

改修箇所、性能備品などにより獲得ポイント数が決まっているようです。まだ始まって日が浅い制度ですので変更がある可能もありますし、予算の執行状況に応じて締め切りを公表するとのことですので、リフォームをご検討の中は早めの行動をお薦めします!!

空き家・空地をリフォームしませんか?

今回のグリーン住宅ポイント制度は既存空き家も対象です。相続資産としてお考えの方や実際に相続され住むことをお考えの方、または扱いに困っている方にとっては絶好の機会です。レントライフでは空き家にリフォームを施し様々な有効活用をご提案することが出来ます。お気軽にお問い合わせください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました